家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン





TITLE.JPG - 30,110BYTES

○その1○

E721SE.GIF - 738BYTES【福島6時16分→仙台7時40分】東北本線 普通 仙台行きE701SE1.GIF - 554BYTES

01.JPG - 131,284BYTES
最初のランナーは混結編成でした!

いや〜、久しぶりの旅行記作成で、勝手を忘れてしまっていますが、
少しずつ思い出していきたいです。。

さて、今回のメインは青森で、ダイヤ改正で消滅する列車を撮ったり、乗ったりするのが目的の北東北への旅行です。
使用した切符が普通列車乗り放題の切符のため
、鈍行メインになりました〜。


ボックスシートでおやすみなさい。笑

というわけで、1日目の最初の列車です。
まずは、福島駅からの下り初電(関東民からしたら遅い始発ですよね。笑)で、仙台に向かいます。

前日まで徹夜で飲み会をしていたため、仙台の友人を家に泊めてました。
そんなわけで一緒に仙台までは向かいます。

この区間はいつも見慣れた区間ですし、徹夜明けで眠いので、うとうと〜。

01.JPG - 131,284BYTES
ものすごい霧・・。

とはいえ、列車のスピードが、やけにゆっくり。
外を見ると、写真のような霧に覆われていました・・。

宮城県に入るまでこの霧が続いていたため、減速運転となり、
通常、福島から白石までは35分程度なのですが、45分かかりました。

幸先が悪いスタートですね・・・。

01.JPG - 131,284BYTES
宮城県に入ると、霧も晴れました。

白石駅に到着しました。
ここから仙台までは列車の本数も増え始めます。

白石始発の列車が発車を待っていましたが、日差しが車内に入っていて、
今日の天気がいいことを暗示しているかのようでした。

ここまでくると、霧もすっかり晴れて、心地よくなりました。

01.JPG - 131,284BYTES
愛子駅は愛子様誕生で有名に。

仙台駅に到着しました〜。
友人は仙山線へと乗り換えていきました。
ここからは本当に1人の旅行になります。

約20分の待ち時間があり、列車もまだ到着していなかったので、少し撮影を楽しみました。

友人の乗った愛子行き。仙山線の中では、多い行き先です。

01.JPG - 131,284BYTES
小牛田行きはボックスシートでした。

仙台で20分待ちと書いたものの、実は仙台以北への東北本線は6分接続で、小牛田行きがあります。
とはいえ、小牛田以北への列車がないので、仙台で待つことにしたわけです。

ボックスシートだったし、小牛田まではこっちで移動してもよかったかな。笑

01.JPG - 131,284BYTES
2両ではきつそう。

仙台空港行きの列車も到着しました。
さすがは仙台なんで、いろんな行き先の列車を短時間で見ることができます。

しかし、朝のいい時間に空港行きが2両だとは思いませんでした・・。
せめて4両とかで運転すればいいのに・・。

01.JPG - 131,284BYTES
一ノ関行きは2両ですか・・・。笑

乗車する列車が入線しました。

石越(小牛田方面)からの列車で、8両で到着しますが、すべての編成が折り返すわけではなく、
前6両が、仙台7時58分発の岩沼行きで、後2両が仙台8時01分発の一ノ関行きとなる少し分かりにくい列車です。

くっつけたり、切り離したり、東北地方ではそういう運用が多いです。

E701SE1.GIF - 554BYTES【仙台8時01分→一ノ関9時34分】東北本線 普通 一ノ関行きE701SE1.GIF - 554BYTES

01.JPG - 131,284BYTES
2両なのに空いてました。

2両での運転でしたが、休日ということもあるのか、それなりに空いてました。
まぁそれでも7割くらいは埋まっていましたが・・。

仙台以南の列車の到着が遅れているとのことで、仙台駅を4分遅れで発車しました。
これが後ほど・・。

01.JPG - 131,284BYTES
小牛田からはワンマン。

仙台以南と比べて、仙台以北は開発が進んでないようですね。
普段の乗る仙台以南に比べて、仙台市内も田舎な気がします。

田園風景が続きますが、稲刈りも終了しているので、つまらないです。。

仙台からおよそ50分で小牛田に到着しました。
ここからは同じ2両ですが、ワンマン運転になります。運転手も変わるらしく、
結局小牛田での停車時間も短縮できなかったため、遅れはそのまま・・。

01.JPG - 131,284BYTES
いきなりの景色ですみません。

小牛田〜一ノ関は客も少ないようで、各駅で、1人が乗ったり降りたりする感じです。
ここらで徹夜の疲れが出て、寝てしまっていたようです。

一ノ関の1つ手前の駅で起きたものの、遅れがそのままで少し焦りました。
なんでこんなに焦るのかというと、次の列車までの乗換時間が7分しかなかったのです・・。

結局、一ノ関に3分遅れで到着しました。
急いで、次の乗り場へ。写真から何に乗り換えたかわかりますね。笑

E2PI0.GIF - 740BYTES【一ノ関9時41分→北上9時59分】東北新幹線 やまびこ43号 盛岡行きE2PI0.GIF - 740BYTES

01.JPG - 131,284BYTES
車内はまあまあ埋まってました。

この区間は列車の乗り継ぎがうまくいかないので、新幹線でワープすることにしました。笑

ヘルニアの腰で急げないのに、3分遅れは腰にきました・・。
盛岡方面利用の方いらっしゃいますか〜!って言いつつ、駅員さんが確認してるものの、
先に歩きながら言われてしまうので、追いかけっこ状態でした。笑

とりあえず、無事に乗り換えられました。いや〜焦りました・・。

01.JPG - 131,284BYTES
新幹線単独駅の水沢江刺

焦らされたために、息が少し上がっていましたが、ようやく落ち着いた〜と思ったら、すぐに水沢江刺。
本当に新幹線は早いですね〜。

通常は隣の駅までは特急券840円という特例みたいのがありますが、この一ノ関〜北上間は
一ノ関・水沢江刺・北上と間に水沢江刺があっても840円で乗れます。
とはいえ、別途乗車券はもちろん必要ですよ〜。笑

距離が短いからですかね・・。まぁ東北新幹線の岩手県内は駅が多いですからね。。

01.JPG - 131,284BYTES
あっという間の18分・・。

水沢江刺からもあっという間に北上に到着しました。
この新幹線がついに全線開通すると思うと、実家のある宇都宮、今住んでいる福島と、
ずっと新幹線と由縁のある場所に住んでいる自分からすると、感無量です。。

このままビューっと行ってしまいたいですが、北上で下車。笑

E701MO.GIF - 556BYTES【北上10時11分→盛岡11時01分】東北本線 普通 盛岡行きE701MO.GIF - 556BYTES

01.JPG - 131,284BYTES
0番線ってあまりないですよね。笑

新幹線で八戸まで行きたいというのが本音ですが、普通列車の旅に戻りましょう。笑
北上からは再び東北本線へと乗り換えます。

北上駅は北上線との接続駅でもありますが、0番線って珍しいですよね〜。

01.JPG - 131,284BYTES
北東北に来た感じがしますね。

北上から乗るのは北上始発の盛岡行き。
北上から盛岡までは一ノ関発と北上発の1時間2本体制におおむねなるのですが、
うまく一ノ関発に乗ることができずに、新幹線でワープをしたわけです。

2両編成でしたが、座ることができました。
ここからは電車のラインカラーも変わりますね。


次のページへ!